So-net無料ブログ作成
検索選択

内柴正人 準強姦 その後の裁判 供述内容

スポンサーリンク




内柴正人 準強姦 その後の裁判 供述内容

内柴正人 その後の裁判 内容 九州看護福祉大女子柔道部 女性

内柴正人オリンピックメダリスト

九州看護福祉大女子柔道部指導者でありながら

その女子柔道部員に

わいせつな行為を下として

逮捕起訴されており

その後メディアでは取り上げられいませんが

その後裁判が行われております。


その裁判内容を

傍聴者に聞いてみました。

その内容が明らかに



「これ以上飲むな。帰って寝ろ」「部屋のカギがない」

それによると、事件当夜9日19日(2011年)、

容疑者は教え子の女子柔道部員と都内の沖縄料理店で飲食。部員たちは緊張気味で、

酒は飲まず、容疑者がひとりビールなどを5~6杯飲んだ。その後、一行はカラオケボックスに移動。

そこで「飲めとも飲むなとも言わなかった」が、学生を交えた飲酒が行われたようだ。


その際、被害者女性は内柴の足元にひざまずいて座っていたが、意識はあったといい、右太ももの上

にはまた違う子が寝ていた。


その後、女性が気持ちが悪い、吐きたいと言ったたため、容疑者は便所に連れて行くなどしたあと、

「これ以上飲むな。明日もあるし帰って寝ろ」などと指示した。ところが、「部屋のカギがない」など

の事情から、ホテルまで連れて行ったのち、「同意で、流れでそういうふうになってしまった」そうで

ある。



内容はどうであれ

指導者として


だめですよね。








スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。